本当に無職かもう一度考えてみて

本当に無職かもう一度考えてみて

無職なのでお金を借りるのは難しいかもしれませんが、どうしても支払いが必要なものがあるため借りなければなりません。既に友人や知人からは借金をしているためもう無理なのです。
無職でお金を借りられないとおっしゃっていますが、本当にそうでしょうか?自分は無職と思っていても実は何らかの収入を得ていることもあるのです。次のような収入が無いかチェックすることをおすすめします。

 

短期のアルバイトを最近した
副業をやっていて多少収入がある
投資からの収入が見込める
やり始めて少しだが自営業の収入がある

 

自分が無職だと感じているのは会社に勤めていないからでしょう。自営業でも立派な職業で、会社員だった頃から始めた副業がまだ残っている人もいます。何らかの収入を得ているならゼロではないため、カードローンの申し込み欄に記載することができるのです。
もちろん収入が少なければカードローンの融資額も少なくなり、5万円程度など小額かもしれません。それでもカードローンを一度作っておけば後々増額されたり、新しい仕事が決まった際に利用できる金額が増えることもあります。
単発アルバイトについては現在仕事を持っているとみなされない場合があります。大手業者だと難しいため、地方の金融業者を当たるのが良いでしょう。